歩行支援ロボット “RE-Gait®”

中枢神経系の細胞治療が始まれば、移植した細胞をより効率的に神経として機能させることが、患者様の一日も早い回復につながります。そのためには、リハビリテーションが重要です。 広島大学大学院保健学研究科 弓削 類 教授、早稲田大学大学院情報生産システム研究科 田中英一郎 教授とともに、正常歩行をプログラム化した歩行支援ロボットの研究開発を行っています。

振り出し時に背屈をアシストすることにより腓腹筋を伸張させ、反射的に筋収縮が起きることで膝・股関節の動きを連動させ、スムーズな振り出しができます。

歩ける!!感動を取り戻せます。
足関節の底屈・背屈をアシスト。正確で安全な歩行実現。

足が地面から離れる際の蹴り出しをスムーズにアシスト➡ 足が地面に接地する際につま先が上がり、つまづきを防止します。
<仕様/サイズ:300mm(W)×140mm(D)×365mm(H)/材質 装具:アルミ合金他/質量 装具:1,000g 制御ボックス:900g/電源:充電式 >

密着型歩行補助装置RE-Gait 第8回ものづくり日本大賞優秀賞 受賞

【特許出願】

  • RE-Gait/商標登録第5783265号 (2015年7月31日)
  • 歩行訓練支援装置、歩行訓練支援システム、歩行訓練支援方法およびプログラム/特願2013-137464号(2013年6月28日)、特開2015-8960(2015年1月19日)、PCT/JP2014/67461(2014年6月30日)
  • 歩行補助装置/特願2013-105342(2013年5月17日)、特開20141226151(2014年12月8日)
  • 歩行動作補助装置/特願2016-11378(2016年6月2日)

受賞歴(PDF

  • 第8回ものづくり日本大賞優秀賞
  • 第23回(2018年)日本ロボット学会技術賞
  • 平成29年度日本設計工学会武藤栄次賞優秀設計賞
  • 2017年度日本機械学会賞(技術)
  • 第19回(2017年度)日本福祉工学会技術賞
  • 第13回(2019年)ニッポン新事業創出大賞アントレプレナー部門最優秀賞
  • 第26回(2018年)中国地域ニュービジネス優秀賞
  • 50th(2018年)ACC TOKYOCREATIVITY AWARDS クリエイティブ・イノベーション部門ACCシルバー

論文・発表

【総発売・販売元】

株式会社オリジン メディカル事業部
〒440-0826愛知県豊橋市大井町139, TEL:0532-69-2900, FAX:0532-69-2901

 

【企画・監修】

早稲田大学 大学院情報生産システム研究科 生産システム分野 機械システム設計研究室
広島大学 大学院医歯薬保健学研究院 基礎生命科学部門 生体環境適応科学研究室

歩行補助装置 “RE-GaitR”について、より詳しい情報をお知りになりたい方は、
お気軽にお問い合わせフォームにてお問合せください。